RPAの導入で起こりうるリスクについて解説します

RPA リスク

RPA(Robotics Process Automation)は仮想労働者と呼ばれる事もあります。ホワイトカラーのパターン化されたデスクワークをAIや認知技術の駆使により代替するものです。社員を単純作業から解放できますが、その役割をテクノロジーが果たしますから、それに依存するリスクが全く無く実現する事は難しいと言われています。従って、事前にリスクを予想し対応策を検討しておく必要がありあす。そのRPAのリスクとは、第一は他のシステムに起因するフリーズや誤作動等が上げられます。第二はRPA単独のシステム不具合による動作停止が考えられます。第三は不正使用に伴う情報のリークなどです。第四は人間が誤処理を把握できないリスクが上げられます。更に、第五はRPA導入により業務自体を把握できる人間が不在になるリスクが予想されます。次節では、これらの内容を記します。

RPAの導入で起こるリスクの内容について解説します

RPAのリスクの内容を記述します。第一は他のシステムに起因するリスクです。RPAが導入されている企業などでは複数のシステムが関係している事が考えられ、その中の一つに何らかの変更などがあった場合にRPAが対応できないリスクです。第二はRPA自身が何らかの原因でフリーズする事で、他のシステムにまで影響が及ぶ可能性がある事です。第三は不正なアクセスに伴うリスクで、情報のリークやシステムの誤処理などの発生が予想されます。第四は人間が誤処理を把握できないリスクです。例えば外部からの異常なデータに対して、システムに発生する誤動作を人間が見落とす可能性があります。第五はRPA導入により業務自体を把握できる人間が激減するリスクです。システムに任せっきりになると担当者の異動などで業務を理解できる人間が減少してしまい、リスクへの対応が難しくなります。次節では、これらリスクへの対策を記します。

RPAの導入で起こり得るリスクの対策方法を解説します

第一のリスクに関しては、RPAを導入する担当部門が他のシステムの変更内容を把握できるメカニズムの確立が必要です。そして、担当部門は変更がRPAに及ぼす影響を分析して、対応策を確実に実施する事が必要です。第二のリスクに関しては、事前から冗長性を考慮した複数のシステムを構築しておきます。また、このようなトラブルに備えて手順書等を準備して人間のフォローも必要です。第三のリスクに関しては、不正アクセスに対抗した強固なセキュリティシステムの搭載が必須です。第四のリスクに関しては、RPA導入の時に業務プロセスを文書化しておき、担当者がRPAの処理内容を把握しておく事が重要となります。第五のリスクに関しては、業務を文書し時々人間が処理状況を確認する必要があると思われます。RPAのリスク管理については、その稼働に関するドキュメント類を整備し、それを使いこなせる人材育成が不可欠です。