効果的なRPAの稼働に必要なリスク管理とは

RPA リスク

“働き方改革が騒がれている近年において、多くの企業から注目されているのがRPAです。RPAとはロボットによる業務を自動化するシステムです。ロボットというと製造工場などで取り入れられている大型の機械を想像する人も多いですが、RPAはこうした大型の自動化システムとは異なり、パソコン上でソフトウェアによって業務を自動化することができるものです。これにより、これまで人の手で行っていた業務を自動化することができるため、業務を効率化することができます。またRPAは登録さえ行えば、あらゆるアプリケーションをまたがって自動化することができるため、様々な分野において多くのメリットがあるといえます。しかしながらメリットの多いRPAにおいてもデメリットやリスクがあることを知っておかなければなりません。

RPAを導入するうえで知っておきたいリスクとは

RPAは近年ありとあらゆる業界において人気を集めている自動化システムですが、安易にRPAを導入してしまうと、失敗するリスクがあります。本来作業効率を高めるはずのRPAですが、導入しても効果を実感することが難しい場合もあるのです。RPAはどの機関でどのようにシステムを導入するか、どこが管理していくかなど導入する前にしっかりと進め方などを決めておく必要があります。例えば企業内でそれぞれの部署がRPAを導入し、活用しても、企業全体で連携が取れていなければ結局のところうまくいかなくなってしまいます。そのため部署内だけでなく進め方や体制などは企業全体で決め、共有することが非常に重要であるといえます。また業務を自動化することができても、その後の作業をこれまでよりも行いにくくなってしまうケースもあるため、作業全体の効率性をあげられるように想定しなければならないのです。

RPAを導入後のリスクと対策方法とは

RPAは導入するにあたって進め方や体制などを決めておくだけでなく、導入後にもリスクがあることを知っておくことが大切です。RPAは業務を効率化することができることから非常に利便性が高いといえますが、これまで以上にテクノロジーに依存することとなります。またRPAは複数のシステムをまたがって稼働することが可能です。これにより日常の業務が効率化できることは事実ですが、その反面複数のシステムをまたがることでシステム自体が複雑化していくリスクもあり、誤作動や急停止する可能性も0パーセントではないということを知っておかなければなりません。こうしたテクノロジーへの依存や、複雑化したシステムへの対応を可能とした体制を準備するということもRPAを導入するにあたって非常に重要であるといえるのです。