防犯監視カメラの利点と欠点

人の住まう世界には数多くの問題が起こります。平和に暮らしたいと言うのは誰もが思っていることですが、年内に起こる犯罪件数は増加しています。犯罪を防止する機器の一つが防犯監視カメラです。人がたくさん集まったり、人目につきにくいところなどによく設置されています。人の注意がそれていても犯罪の瞬間を保存しておけることが利点です。警察官が犯人の特定をする時は、まずこのカメラの映像を確認し、犯人と思われる人物の顔や服装といった物を確認します。それから捜査が始まり、見つからないようであれば指名手配されることもあります。しかし、防犯監視カメラにも欠点はあります。どこかの店に万引きが入ったとして、それに気づくのが遅れてしまったら犯人の特定が難しくなります。特定のためにはカメラの映像をしらみつぶしに確認しなければならなくなります。

防犯監視カメラや防犯ブザーなどで防犯対策を。

日本は世界中の先進国の中でも治安の良さはトップクラスです。ですが、犯罪がゼロという事ではありません。残念な事に凶悪な犯罪も起きている事も事実です。そんな犯罪から身を守る為には各個人の意識も大事です。特に女性やお年寄り、そして子供は犯罪の的になりやすいので尚更ではないでしょうか。子供や身寄りのないお年寄りであれば、親や地域の人間が協力して気をつけてあげなくてはなりません。ですが、365日24時間見守るというのは無理に等しいともいえます。その為、犯罪防止設備や防犯グッズが必要となるわけです。マンションやお店であればエントランスに防犯監視カメラを設置、自宅の玄関のカギは2つにする、女性や子供であれば防犯ブザーを携帯するなど、人や場所により必要な設備やグッズも異なります。また、アパートなどは誰でも簡単に各個人の玄関まで行けたりもしますので、玄関に防犯監視カメラを設置する事で犯罪抑止に繋がるでしょう。犯罪から身を守る為には個人の防犯意識と防犯設置やグッズ、そのどちらも必要不可欠と言えるのではないでしょうか。

防犯監視カメラについて考える

駅や商店街、空港など、私たちの生活の身近なところに、防犯監視カメラが設置されています。設置の仕方はその利用目的で分けることが多いようです。カメラの設置によって、犯罪を未然に防いだり、確かに記録するなどの目的で利用すれば、有益な部分も確かに多くあります。一方で、目的問わず、プライバシーの権利に抵触するのではないか、といった指摘も時折散見されます。カメラ設置に係る明確な基準が存在しないため、設置の判断に迷うことがあるかもしれません。加えて、カメラを犯罪抑止のため設置する場合、可能な限り目立つ場所へ設置し、逆に犯罪記録目的であれば、なるべく目立たなく設置することも、判断に迷う一因となり得ます。自分たちの生活を鑑みた時に、どういう場所で、防犯監視カメラが必要になるか、今一度考えた方がいいかもしれません。
防犯監視カメラをお探しならアルコムがおすすめです


コメントを残す

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

*