防犯監視カメラは安易に外を撮影しない

街中に防犯カメラが多く設置されるようになりました。決していい気分ではありませんがそれによって安全が得られるなら仕方ないでしょう。このとき、防犯カメラには被写体になっている人などがたくさん写されています。もちろんそれらはその人たちのプライベートの姿です。人によっては必ずしも写してほしくないと考えている人もいます。万が一撮影された映像が流出されたら困ることもあります。防犯監視カメラの設置には多少の問題があります。自宅内のみを撮影していればいいですが、自宅から外に向けて撮影をすると当然外を歩いている一般の人の撮影も行われます。それを嫌がる人がいます。カメラを設置するときは外向きに設置することがあるでしょうが、そのときには道路までは入らないようにしなければいけません。あくまでも住宅の敷地内のみが撮影できるようにします。

住まいを不審者から守るための防犯監視カメラ

常に自宅に家族の誰かがいる状況にあるのはかなり難しいことのはずです。仕事をしていれば、かなり長時間の不在が連日になるのがごく自然なことです。不在の間に住まいに泥棒が侵入して金銭をはじめとするの貴重品奪っていくことがあるかもしれません。もし最近は、不審な情報が多いようなら、防犯監視カメラの設置を検討しましょう。玄関に防犯監視カメラを設置することで、相当の抑止効果が期待できます。防犯監視カメラの性能はかなり向上しているだけに、不審者がいればその姿を鮮明にとらえることができます。長期間の録画機能を持ち合わせていれば、後からでも映像を再生して確認ができます。また無線ネットワークによって、カメラがリアルタイムでとらえている画像を遠隔でもパソコンやスマホで確認することもできます。センサーと併用をすることで、住まいの異変を外出先でもリアルタイムでチェックすることができます。

防犯監視カメラのカメラの処理方式

携帯電話などで複数の通信の方式があるといわれています。日本では一般的でありながら海外でよく使われていなかったり、それとは逆のケースもあります。通信や記録などではよく規格が異なる場合があり、それによって仕組みが変わることがあります。下手をすると互換性がない場合があるので両者を使い分けるときには注意しなければいけないでしょう。仕組みとしては大きく変わらないケースもあります。防犯監視カメラでは2つの処理方式があるとされています。現在あるのはCMOS方式とCCD方式です。CCDはよく聞くかも知れません。この業界ではCMOSの方がシェアは高いとされています。省エネ、低コストが受けている理由です。どうしても長時間撮影することになるので、きれいさよりも長く利用したときのことを蚊が得ます。ただしその差は少しずつ縮まってきています。


コメントを残す

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>