RPAのリスク管理を徹底して行うメリット

RPA リスク

デスクワークの一部分をロボットが人間の代わりに行ってくれることをRPAと言います。近年、RPAは労働者の生産性を上げる優れものとして、人事や経理など、様々な部門で実際に活用され、その他の事務的な分野などでも人手不足を解消する切り札として注目されているツールです。しかし、全ての作業をRPAが行えるわけではありませんし、作業の全てをRPA任せにしてしまうと、主要部分から少し外れた、人の手でないと気付かない細かい部分を見逃してしまうなどのリスクも含んでいます。それでは、どのようにRPAを活用すれば、よりミスなく効率的に働くことができるのでしょうか。今回は、RPAが持つリスクと、リスク管理の方法について説明していきます。今後導入を検討している方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

RPAが陥りやすいトラブルやリスクとは

RPAに入力や仕分けを任せる際、機械によって自動的に行われるため、人の手で行った時にどうしても発生しがちな入力ミスや確認もれの心配はないと安心してしまいがちです。しかし、RPAにはできることとできないことがあります。最も油断しがち、かつ陥りやすいリスクが、事前に設定したルールから外れたことはできない点です。入力欄がずれていた、配慮が必要な個別案件があったといったイレギュラーな対応を要することはRPAにはできません。あくまで事前に設定したルールにしか動けないので、特に個別対応を要するものが混ざりやすい仕分けなどは、人の手で再度確認しないとトラブルが起こりかねません。また、使用しているアプリケーションのアップデートを行った際も注意が必要です。それまでのデータと値が異なってしまい、RPAが動けなくなってしまうことがあるからです。イレギュラーなことが起こった場合はすぐ確認するようにしましょう。

RPAのリスクはどうやってカバーするのか?

RPAのリスクはどのようにカバーすれば良いのでしょうか。自動的に素早く処理をしてくれるということで、「RPAは放っておくと何でもしてくれる」という認識が生まれやすいのですが、「RPAにはできることとできないことがある」という認識を共通して持つことが大事です。その上で、RPAにさせてはいけない作業などをマニュアル化します。マニュアルにはエラーが起こった場合の対応方法についても明記しておくと、何か起こった際に担当者に全て丸投げになってしまい、負荷がかかってしまうということを防げます。また、日頃からトラブルに備えてRPAの監視システムを構築する、アクセス権限を定めておく必要もあります。リスク管理を行うことで、RPAは安心して業務の効率化を図れるツールです。リスクを把握し、RPAをどう使えば良いか検討してみましょう。